カテゴリ:Reviews( 14 )

 

『Stop The Clock』全曲&DVDレビュー

さぁ、全国3000万人の おあ。信者 の皆様、お待たせしました。
やっと俺のところでもレビューを書かせていただくことになりました!!! (拍手!!)


・・・えぇ、そりゃぁもうベスト発売って聴いたその日にHMVで予約取りましたとも。
通常輸入版・初回限定輸入版・通常国内版・初回限定国内版、その4種の違いを
かなり真剣な目で店員さんに聞いたら、明らかにドン引きされましたとも。

まったく何ヶ月待ったと思ってるんですか。
あまりに辛抱できないんで、発売前日の11/14にHMV新宿パルコ店に行ったら、
さすが天下のHMVさん、もう入荷してるって言うじゃないですか。
早速レジ行ってズイッと迫りましたとも。ズイッと。

俺 「Oasisのベスト予約してる者なんですけど、もう入荷してるんですよね?

店員「・・・ぁ、はい・・・;;」

俺 「ってことは買えるんですよねぇ?? (ズイーッ)」

店員「ぇ、ちょ・・・・・少々お待ちください;;; (他の店員に)アレって売ってよかったんだっけ?

俺 「・・・・(ヌーン)・・・・

店員「(他の店員に)えっと、お客様お待ちなんですけど・・・;;;;

俺 「・・・・・・(ヌーン)・・・・・・

店員「ぉ、お待たせしました。 こちらのお品物でよろしかったですよね?」

俺 「 は い 。 」 (多分目が爛々としてたでしょうな)

会計時、店員さんは2度とKairiさんと目を合わせなかったそうなwww
というワケで、全曲&DVDレビュー行ってみよう!!

読んでみよう!
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-12-04 02:06 | Reviews  

気分が落ち込むそんな時は★

ご無沙汰してます、Kairiです。

さて! 今年もやってまいりました、この季節!!
朝晩がめっきり寒くなってきた11月の下旬でございます。
いやぁ、最近ホント寒いねぇ・・・・

え? 何がって??











俺の心が。



笑wwww
やぁ、自分いつまで何年も前のこと引きずってんだっていうね。
おかげで最近どぉ~も情緒不安定のようで・・・ヽ( ゚▽゚)ノ <アハハー
学校行く気起きないし、何事も対してもやる気がない今日この頃~。

てかそういえば今月の初め、数年ぶりに一人会ったね~。

・・・・・・・・まったくハニーの前だってのに、殺気抑えんの苦労したじゃんか★

女子高生2人も連れちゃって、優しい男気取りですか?

     ホモチキンがっw






さ、そんな最悪な気分の日はいい音楽を聴いてレビューを書くに限るねvv
本日のお供は キリン クラシックラガー です・・・・・・・まずっ

ってことで長らく放置してたThe Fratellisの『Costello Music』と
JETの『Shine On』のレビューを書こうかな。


まずはThe Fratellis『Costello Music』。
前書いたけど、ぶっちゃけこれは 名 盤 です。
てか即買いだと思います。 今すぐCD屋に行ってお求めください。
そんな勢いで激オススメしているのがこいつです。
この・・なんつーか・・・人をバカにしてんのかってぐらいアッパーなノリ?がマジ最高!
1曲目からそれを体感できるという素晴らしさ。 聴けば分かる。
しかもそれでいて安っぽくない・・・・気品?みたいなモノを感じる。
例えると・・・そうだなぁ、


酔っ払い英国貴族が売春婦と腰振りながら踊ってる感じ? <何それ


オススメは・・・・・ 全 曲 ★



続いて、JET『Get Born』。
いやぁ、やっと出しやがったね、ミリオンヒットバンド。 引っ張りすきだっつーの!
・・・でも、そんな引っ張りすぎでも許せるぐらいのいいアルバムです。

まぁ何がいいってこのアルバム全体の流れ!
前作の『Get Born』が粒ぞろい、だけどきいててちょっと飽きるのに対し、
このアルバムったらぜんぜんまったく飽きが来ない。
そして前作では勢いとメロディーで聞かせてたのに対し、
今作ではバランスと音一つ一つの完成度で聞かせるというRockの王道を踏襲。
・・・なんかこう書くと我らがOasisの『Definitely Maybe』と
『(What's The Story) Morning Glory?』を比べてるみたいだ。

まさに、

誕生(Get Born)して、

光り輝いちゃって(Shine On)ますな。


特に 3, 5, 7, 8, 10, 13 はオススメ!!



さて、現在布教中の姫君から帰って来次第、 ア レ のレビューを書きたいと思います。

[PR]

by seamile_rivercape | 2006-11-22 23:42 | Reviews  

Firefox 2.0

ついに日本語版公開になりましたね、Firefox 2.0。
早速使っておりますが・・・なかなかに使いやすい!

まず、今まではExtention探して入れなきゃだったタブ復元機能。
諸事情あってさっきFirefox飛んだので使ってみましたが、
重くもなくすんなり復元するんで、モバイルで使ってるときにストレスなく出来そう・・・。

あと1.5ではツリー表示だったRSSフィード。
これが大幅に変わりました。
今までは付属のライブブックマークにのみ対応してたんですが、
2.0ではディスク内のRSSリーダーとの同期はもちろん、
GoogleやMy Yahoo、LivedoorといったWeb上のリーダーにも対応してます。
だからKairiさんが使ってるGoogle Readerもさらに使いやすくなったわけですなvv

他にもいろんなところが改良されてて、
IE7なんかじゃたぶんストレスに耐えられないでしょうね;;
そういえばIE7はいつ頃出ることになったんだろうか・・・。

数少ない難点としては、ほとんどのAdd-onがいまだ1.5対応止まりなんですよね。
俺の使っていたお気に入りのテーマたちも全滅で、寂しい限りです。
・・・つっても2.0のデフォルトテーマもなかなかカワイイですがvv


Reviewといえば、こないだいっぺんにCDを3枚買ってしまいました。
HMVのImport CD Saleにまんまと乗せられてしまいまして・・・(^_^;)
Roosterの『Circles And Satellites』とJETの『Shine On』、
あとThe Fratellisという新人バンドの『Costello Music』を買いました。

詳しいReviewは後日書きますが、
Kairiさんとしてはこの『Costello Music』をPower Push!!です。
まだ輸入版しか出ていないし、見りゃ分かりますがジャケットかなりが刺激的なので、
ちょっと買いにくいのはあると思うんですが、このアルバムは聴いてて非常に楽しい!
もし見かけたらぜひぜひ買ってみてください。
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-10-26 02:24 | Reviews  

ドキュメンタリーは嘘をつく。

最近、この本にハマっております。

About Meでも少し触れていますが、俺は高校3年間を放送部員として過ごしました。
現役の間に、小さいものも含めて9本の番組を作り、
内4本はドキュメントとして大会に出展しました。
そしてこの本を読みながら、自分のドキュメンタリーに対する思考経路を辿ってみると・・・
・・・・・・ほとんど同じなんですよね、著者の森達也と。

確かに、細かいところを指摘すれば私と彼の考え方は違います。
同じ芸術思考でも、おそらく私の方が“伝える”という意志は強いです。
ですが、私が感覚として掴んでいたモノは、彼の言葉によって形を得ました。
そういう点で、Kairiさんオススメの一冊です。

ほんの少しでも、ドキュメンタリーや報道を志す気持ちがある方は、一度お読みください。




・・・さて、ここで緊急アンケート!!

「”ドキュメンタリー”を定義せよ」

コメント欄でもトラックバックでも何でもいいんで、便乗 大☆歓☆迎 !!
特に姐さんとかShogoさんとか放送関係で出会った方、期待してますので^^

ちなみにKairiさんの回答は、後日うpということで。


森達也氏の回答 : 映像であること。
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-09-25 23:20 | Reviews  

『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER』

というワケで聴きました、『ベスト オブ くるり / TOWER OF MUSIC LOVER』。
まぁとりあえずアレだ、

全ての童貞よ、何でもいいからとにかく 聴 け 。


ゃマジ文句は言わせねぇよ。
オメェらマジモンの恋がどんだけ切ねぇか分かるか?
わからねぇなら聴け。 分かっても聴け。(ぇ

やっぱさ、くるりの持ち味はそのロックなサウンドに絡むどこか切ない詞だと思うワケよ。
ロックつってもさ、色々ジャンルあるけどさ、
やっぱ俺にとって”Rock”っていうと偉大なるOasisみたいなモノを指すワケ。
で、くるりってのはそーゆー超俺好みのサウンドを鳴らしつつ、
心の強さも弱さも全部含めて歌ってしまう詞を聴かせてくれるのね。
”東京”とか”ロックンロール”とか聴けば俺が言ってること実感できると思うんだけど。
そんなバンドが10年間を初めて振り返ってベスト出すっつったらもう買うしかないでしょ!?


だいたいDISC1の選曲からして反則なんだよ。

 1. ワンダーウォール
 2. ばらの花
 3. 虹
 4. ワールズエンドスーパーノヴァ
 5. THANK YOU MY GIRL
 6. BABY I LOVE YOU


・・・なにコレ、俺に泣けって言ってるの?(違
くるりを象徴するような曲目白押しじゃないスか;;
てか推しも推されぬ名曲”ばらの花”というカードをこんな早々に切るか普通?;;;


全体を聴いてみて思ったことは一つ。
このアルバムは2枚(初回限定版は3枚)組みのベストだと思わないほうがいい。
DISC1とDISC2それぞれで独立したアルバムなんだよ。
それでいて全曲良質のRock'n'rollなんだから、こりゃぁおいし過ぎるでしょうvv

・・・と、いうワケで現在姫君に布教中(笑
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-07-28 04:17 | Reviews  

27

昨日はかつてSPACEを共に組んだ和也のライブを見に行った。
彼は今 27 というバンドのギタリストとして活躍している。
昨年、1度だけ27のライブを見、それ以来行こう行こうと思っていたのだが、
なんだかんだで見に行けない状態が続いていたので、とても久しぶりだった。

ところでこの27、実は決してRockバンドというわけではない。
打ち込みとギター、ベースの絡みによって曲をその場で作っていく感じだ。
・・・まぁ要は大筋以外ほとんどアドリブという話だが(笑
以前見たときはダンスロックみたいな曲もやっていたのだが、
なんでもドラマーが脱退してしまったらしく、
今回はどちらかというとテクノやトランスに近かった。

しかし・・・これがまたいい! というか超ハイセンス。
和也本人曰く、
「打ち込みに合わせんの大変だし、ベースはテキトーだし・・・」
とのことだが、合わせるための緊迫感がホントにいい意味でプレイに表れてて、
ついつい流れがちになってしまう雰囲気にスパイスを加えていた。

さらに、どうやらホントにテキトーの権化らしいベースが今回すごくよかった。
打ち込みに絡むこと絡むこと。
終始あぐらで、途中変な形のベースをシタールっぽく弾くシーンがあるのだが、
そのときの絡み方はすごかった。すさまじかった。
あれはとてもじゃないけど俺にはできん。センスの塊で弾いてる感じ。
(だから打ち込みと合わない日は全然合わないらしいのだが)

そしてその2パートの基礎となる打ち込み・・・・・・これがカッコいい。
SEの入れ方とかめっさハイセンスで、マジで参考になる。

この3パートが絡んで生まれる音・・・といっても非常に想像しにくいだろうが、
言ってみれば”生き物”だ。
流動的で生々しい、けれどデジタル、みたいな?(意味不明
てか至近距離だったから、正直後半はだいぶ音に”酔って”た(笑

―――そんな感じのバンドです。
確かに、全体的にまだまだ未熟な面もあると思うし、
絶対的に大衆ウケしなさそうな音楽だけど、
その光るセンスはひしひしと感じられます、間違いなく。
てかライブ版でいいからヘッドホンで聞きたいわぁ・・・なんか事故りそうだけど;;

今度和也から昨日の音源をもらえるらしいのでめっちゃ楽しみにしてる今日この頃^^
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-07-14 10:35 | Reviews  

”Juice” と”ラヴぃ”

そういえばすっかりレビューすんの忘れてた。巷で噂のくるりっぷ
とりあえずそれぞれPV見つけたので見てみてくださいな♪

Juice”は くるりとリップスライム が送る夏っぽい爽やかなナンバー。
くるりとリップスライムの絡みが見たいならまさにこれ。
リップスライムの軽~いラップと岸田さんのコーラス、
そして佐藤さんの巧みなベースがたまらんぜよ。
てかホント楽しそうにやってるトコがいい! セッションってやっぱこうじゃなきゃ。
それにしても岸田さんってなんで普段は普通・・・てかむしろキモイ領域にいるのに、
歌ってるトコはめさめさカッコいいんだろう・・・。
これがミュージシャン効果ってヤツか。

ラヴぃ”は リップスライムとくるり が送るリップっぽい曲。
でもところどころにくるりっぽいサウンドが混じっててそれがステキvv
てかPVとしてはこっちの方が俺は好きかなぁ・・・。
・・・つっても正直、画面上の岸田アップはやめて欲しいんだが、切実に(笑
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-07-12 12:02 | Reviews  

『エミリー・ローズ』



今日はハニーと『エミリー・ローズ』を見てきたよ。
・・・金ないのに映画なんか見てんじゃない、とはごもっとも(^_^;)

さて、肝心の映画のないようですが・・・予想以上に面白かったです。
予告ではエミリーに起こった怪奇現象を強調していますが、実際は悪魔祓いを行った神父の裁判を中心に描かれます。
単純に幽霊だの悪魔だの出てくるホラーモノだったら、俺としては邦画の方が遥かに魅力を感じるんですが、裁判という 「人間 vs 人間」 の場で、奇怪な事象を様々な角度から分析し、真相を暴く・・・というストーリーはとてもステキでしたね。
しかもその最中にも怪奇現象が発生し、心理的なプレッシャーをかけてくる・・・
このドキドキ感! ゾクゾク感! たまりませんねぇ(*´▽`)
最後の最後、神父の判決が下る場面は、いかにも”アメリカ映画”って感じであんまり好きじゃないんですが、まぁ最後まで楽しめる作品でした。
・・・ハニーは途中何度もビビりまくってましたが^^(晒

つーかやっぱりホラー映画はいいですね、この刺激が。
「怖いの来るぞ、来るぞ」って時のゾクゾク感とか、
予想の有無に関わらず襲ってきた恐怖に対する「ヒャー(>_<)」って感じとか・・・
・・・・・・もう、もう、たまらんっス!

ラブストーリーとかコメディーも俺大好きだけど、たまにはホラー見て刺激を得なきゃ!!
・・・ね、ハニー??^^
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-03-15 23:39 | Reviews  

『THE 有頂天ホテル』レビュー

今日は久々のハニーとのデートで、『THE 有頂天ホテル』を見てきました。

で、この映画の出来を一言で言えば・・・
   とにかく素晴らしい!!
さすが三谷幸喜。
ドタバタの展開の中に何本も伏線が敷いてある。
そして今までの三谷作品のキャラ・役者の登場も含め、小ネタが満載!!
まさに”三谷ワールド”の極みがここにあります。
笑いと感動を映画の最初から最後まで余すところなくつぎ込む・・・
・・・エンターテイメントの理想像ですな。

あと技術的なことを言えば、有名な話ですが、
恐ろしく長いワンカットを多用しているところにも注目できます。
三谷幸喜が元々舞台作家だけに、
映画ではなく、まるでお芝居を見ているような感覚さえあります。
臨場感たっぷりで、役者の迫真の演技が堪能できます。
・・・カメラさんは大変だったでしょうが;;

とにもかくにも、『THE 有頂天ホテル』オススメです。
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-02-20 21:34 | Reviews  

大事な時期についつい・・・

皆さん、今日和。
一般まで1週間きってるのに相変わらず遊んでるKairiです★ ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )
今日は一日中お家にいたんですが、
ついつい某ファイル共有ソフトに熱中してしまいまして、
気になってたアルバムを2枚丸ごと落としました。

1枚目は、俺が大好きな くるり の 『NIKKI』 。
2枚目は、PV見て惚れたCoccoのバンド Singer Songer の 『ばらいろポップ』 。

・・・ぶっちゃけていいですか?
コレ両方とも俺のド真ん中ストラ~イク!!な感じ。(何
ホントマジカッコいい、ありえない、
部屋の中でまた独り盆踊り状態かましてました。(危

『NIKKI』は噂に違わぬ出来栄えというか、正にくるりの最高傑作って感じです。
恐ろしくRock'n'rollで、それでいてきちんとポップな軽さ。
シングルカットされてた”Superstar”とか”Baby, I Love You”とかだけじゃなく、
全曲のレベルがものスんゲェ高い。しかも細部のアレンジまでステキ。
お金さえあれば確実にちゃんとCD買ってますね~・・・・・・ごめんなさい(_ _||)

『ばらいろポップ』の方は、シングル”初花凛々”のPVをMTVかなんかで見て、
曲がメチャメチャいいので、ちょいいい感じの新人でも出たかと思ったら、
どうやらあのCoccoが組んだバンドらしいっつーことでちょっと気になってたんですね。
ただKairiさんは実はマトモにCoccoを聴いた経験がないので、
アルバムがどんな感じなのかまではさっぱりわからなかったワケですよ。
で、いっぺん聴いてみて。
・・・え~と、なにこの適度なポップ具合。
ポップだからといって軽すぎず・・・もちろん重すぎず・・・
春風みたいにふわふわしてるかと思えば、ちょっとしっとりしてみたり・・・
まるでSixpence None The Richerとかアコースティックなくるりみたいだぁ(*´▽`)
・・・なんて思ってたら、ホントにくるりのメンバーが参加していることを知る。(ぉ
妙に納得して、曲の感じから、くるりの岸田さんが曲書いてるのかな・・・?
と勝手に想像していると、3曲目以外は全てCoccoが書いていることが判明。
ヤベェ・・・このバンドかなりの高確率で意表をついてくる・・・(-_-;)(違

・・・とまぁ、それぞれリピートで3周ずつぐらいしつつ、
あまりの感動と興奮に、レポを書かずにはいられなくなったKairiさんでした。<勉強せい
落とすのもちょっと大変だったけど、久々にいいアルバム手に入れて、めっさ満足ナリ☆
[PR]

by seamile_rivercape | 2006-02-02 00:28 | Reviews